診断と治療ハンドブック

参考図表

インターネット情報の活用

Last updated: 2018-07-16

 インターネット上には、HIV感染症診療を進める上で有用な情報源となるウェブサイトが、公的なもの以外にも数多く存在します。このページではそれらの一部をご紹介します。「リンク集」の内容と一部重複しますが、あわせてご活用ください。(リンク先の内容に責任を持つものではありません)

日本語の情報源

すべて外部サイトにリンクします。
 HIV感染症およびその合併症の課題を克服する研究班
厚生労働省ガイドラインの最新版をダウンロードできるほか、疾患・薬剤に関する豊富な情報が掲載されている。
 日本エイズ学会 HIV感染症治療委員会
国内では厚生労働省ガイドラインとならび頻用されている「HIV感染症 治療の手引き」のPDF版をダウンロード可能。
 あれどこ便利帳 Web Edition
セルフ・マネジメント研究会が企画運営するHIV感染症診療情報サイト。診療に有用な情報源へのリンクが多数掲載されている。
 TORII-HIV.jp
鳥居薬品のHIV/AIDS関連情報サイト。臨床に役立つ情報が多く含まれている「服アド手帳」「診療・虎の巻」のPDF版をダウンロード可能。

英語の情報源

すべて外部サイトにリンクします。
 Clinical Care Options
学会速報、ダウンロード可能なスライドセットなど、臨床領域別の最新情報が頻繁に更新されている。HIV領域についてはモバイルデバイス用のアプリケーションもある。利用には登録が必要(無料)。
 Medscape.com
感染症に限らず、各臨床領域の情報が日々更新されている。モバイルデバイス用のアプリケーションあり。利用には登録が必要(無料)。
 HIV InSite
カリフォルニア大学サンフランシスコ校によるHIV感染症情報サイト(英語)。基礎知識から最新の知見まで、様々な情報が網羅的に掲載されている。
 Johns Hopkins HIV Guide
Johns Hopkins大学によるHIV感染症関連情報(英語)。利用には登録が必要(有料)。